群馬県高崎市前橋市の司法書士行政書士

Q&A


◆相続に関して

Q.相続登記の申請は司法書士に任せるべき?
→A.「単に通すだけの登記申請」であれば法律上は自分で出来ますが、私は司法書士に任せることを本当に強くお勧めします。理由は4つあります。
 1、結局安く済むことが多々あるからです。司法書士は、将来のその家族において生ずる登記が予想できます。それによって登記を丸々省略して、将来のその分の費用を全て浮かせることもあるからです。
 2、上記1に関係することですが、司法書士は将来の登記の権利関係を予想することで、将来の家族や子孫の争いを予防することが出来ます。
 3、司法書士は深い民法の知識を持った相続全般のプロだからです。(詳しくは後述)
 4、当然の理由として、面倒臭さや不正確さからの解放もあります。戸籍を読んだりするのは専門性があり、また、それを的確に表現して登記申請をする為の勉強をするのは時間もかかります。
 以上、特に1と2そして3は非常に強力な理由だと思います。
 もし当事務所とご縁が無かったとしても、誠実そうな司法書士を見つけてご依頼されることを強くお勧めします。


.Q.登記に限らず、司法書士は相続全般の専門家なの?
→A.はい。司法書士は深い民法の素養を持っていることを前提として、相続について法令(司法書士規則31条)によって遺産の管理人になることが出来ます。管理人として受任すると、様々なこと(不動産・動産の処分、預貯金・債権の名義変更、年金手続きなど)を行うことが出来ます。
 このように明示された管理人になれるのは、法律上、司法書士と弁護士(弁護士法人規則1条)だけです。


Q.相続手続きは司法書士?弁護士?税理士?行政書士?
→A.専門家に迷ったら、まずは司法書士に相談するのが良いと思います。理由は3つあります。
 1、司法書士は親族間の調整が得意だからです。司法書士は基本的に「平和産業」であり、例えば親族会議(例えば遺産分割協議)の立ち合いをすることもできますが、弁護士とは異なってどなたか一人の味方をすることが法律で禁止されていますので、公正性を持った協議をしたい場合にとても適任です。
  親族間で争いがすでにある場合には弁護士を関与させるべき場合もありますが、その場合でも司法書士に相談をすればその旨を案内してくれると思います。なおこれについては、家族間の事だから大げさにせず、自分主導で解決したい場合には、司法書士は裁判所書類作成までもサポートが出来ます。
 2、税理士が関与すべき相続は、相続税が発生する時です。一定の相続する資産(少なくとも3600万円以上)がある方が対象です。二度手間にならないためにも、司法書士に相談する中で大まかに財産が把握できたところで税理士への案内を受けても遅くないと思います。(司法書士は紹介料は取りませんので安心してください。)
 3、ひとつ上のQ&Aの通り、司法書士は法律で認められた相続全般についての専門家だからです。


Q.相続手続きを、まず司法書士に相談しないほうが良い場合は?
→A.ほとんど無いと思いますが、例外が3つあると考えます。
 1、とても仲の良い専門家が居る場合。これは人間関係を大事にしてください。
 2、親族間の争いがはっきりしていて、なおかつ、最初から全部を弁護士に任せたい場合。
   この場合は、親族間の紛争解決は弁護士が担当し、それ以外はその弁護士自ら行うか登記は司法書士へ、税務は税理士へ取り次いでくれるはずです。
 3、行政書士に直接依頼すべき場合は、不動産や税申告が無い前提で、遺産分割協議書を作りたい場合・戸籍の取り寄せなどが面倒な場合・自動車の登録変更をしたい場合です。
 尚、私は行政書士でもありますので、それらのご相談もしてください。



◆登記一般について

Q.登記の期間はどれくらいかかりますか?
→A.書類が全て揃っている場合は直ちに登記職務を開始しますが、法務局登記所の処理期間等も合わせて考えると2週間程度を目安にしてください。


.Q.登記申請は自分で出来ないの?
→A.法的に「単に通すだけの登記申請」であればご自分で出来ます。
 しかし実際の話で言えば、簡単なものであれば別(と言ってもこれも判断が難しい)として、落とし穴が多々あります。
 「法務局に何度も足を運んで、最終的に司法書士の元へ来た」とか、「あとで登記や定款を見たら『なぜこんな風にしたんだろう』と感じた」と言う話もたまに聞きますし、「なぜこのような登記にしてしまったのだろう。」と思うこともあります。
 将来の権利関係を考えてくれる司法書士に依頼したほうが将来的に登記が不要になったり紛争予防ができたりして、コスト低減やリスク管理的に有利になることも多々あると思います。
 登記が的確かつ効率良くされたと解るのは何十年後か後のことなのです。
 ですから、当事務所とご縁が無かったとしても、誠実な司法書士を見つけて依頼されることを本当に強くお奨めします。


Q.登記は司法書士以外の士業は出来ないの?
→A.司法書士は全ての登記を行えます。また、弁護士は付随業として法令上行うことができ、公認会計士は商業登記の設立登記のみを事実上行えていますが、司法書士以外は登記法の能力が試験で担保されていません。また、登記法はもちろん、民事法・会社法は司法書士が一番細かい知識まで要求されます。司法書士が本当に適任だと思います。


Q.司法書士の登記の料金って高くない?
→A.あまり登記に触れる機会の無い方が「司法書士料金は高い」と言う場合の勘違いで一番多いのが登録免許税(登記の税金であって必ずかかる費用)も一緒に払っているからだと思います。
 私の個人的な感覚ですが、仕事の手間はもちろんのこと他の士業に比べると多くの司法書士(私は特に)は激安格安だと思います。例えば、行政書士と司法書士の遺産分割協議書作成の費用の相場を比べた場合、行政書士のほうが3~8倍は高いイメージです。両方取得している私からすると、試験の難易度は(遺産分割協議書作成に通ずる知識度合いも含め)5~10倍は司法書士が高いと考えているのにこの料金相場と専門性の逆転現象は極めて不思議です。「司法書士報酬はなぜこんなに安いのだろう。」「昔の報酬基準(現在は廃止された料金基準)が安すぎて今も料金を上げられない」と嘆いている司法書士は多いと聞きます。



◆司法書士・行政書士一般について

Q.司法書士ってどんなことができるの?
→A.大きく分けて5つあります。
 1、不動産登記・商業登記(会社・社団・財団など)・その他登記の全て(福祉法人、学校法人、船舶など)
 2、相続支援(詳しくは前述)
 3、裁判書類作成(全ての裁判所における訴状・答弁書・準備書面・相続放棄・労働審判・成年後見・破産などの書面や、検察庁への刑事告訴の支援が出来ます。)
 4、成年後見などの支援(司法書士が申立を行い、または、後見人となって支援します。)
 5、その他上記に付随する業務


Q.なぜそれらのことができるの?
 →A.歴史をたどると現代の司法書士の祖先は裁判支援を主な業務としていました。明治に入って登記の制度が出来ると、登記の管轄は今のように法務局では無く裁判所とされました。なぜなら登記制度は、当事者間の争いが無いことを除き、裁判制度に極めて類似した構造だからです。
  また、裁判事務、登記事務においては、民法や商法会社法の深い知識や刑法の知識は必要不可欠であり、そのことからそれらに関係する業務が行えます。
  そして、深い民法知識があることも当然ですが、法務省が人権支援をしていることからその管轄に居る司法書士も、人権擁護的業務も行えるのです。


Q.どんな司法書士に依頼したほうが良い?
→A.詳しく丁寧に説明してくれる司法書士が良いと思います。そういう司法書士は、将来の登記の状態について予測し、紛争の予防や将来の登記が不要(つまりその分の費用が一切かからない)になるからです。
 また、これは登記に限らず、その他の法律事務においてもその深い素養から紛争の防止や費用圧縮が図れると思います。


Q.行政書士ってどんなことができるの?
→A.大きく分けて3つあります。
 1、行政庁に対する許認可等手続き(農地関係、自動車の名義変更登録関係、営業許可関係など、警察公安関係)
 2、権利義務に関する書類作成(契約書、内容証明、図面作成など)
 3、その他上記に付随する業務


Q.行政書士も含め、どんな専門家に依頼したほうが良い?
→A.これもやはり丁寧に説明してくれる専門家が良いと思います。
 あらゆる専門家に共通することとして、プライドや自信を持つのは良いことですが、そこから理不尽に横柄な態度が見えるような専門家は良くありません。いくら専門家でも、一事案一事案ごとに見ればその事実は知らないのですから謙虚に話を聞くべきと考えます。



◆当事務所の料金費用、人物、その他一般について

Q.一般的な相場より安いの?
→A.事務所の維持運営などの経費について経営努力、および、人的スキルによって料金費用を抑えております。また、パック料金の設定が難しいものはそれを無理矢理に設定すると余裕を持った料金費用設定にしなければならず、その余裕部分は依頼者様の負担になります。そういったものは当事務所はパック料金の形はとらず、明朗会計にして依頼者様の負担を軽減致します。
 尚、コストを下げてもお客様の目に見える成果物に関しては、平均的~こだわり側の司法書士だと思います。


.Q.報酬額(料金)や支払い方法について疑問があるのだけど?
→A.是非一度ご連絡ください。事案によっては支援制度もありますし、様々な点から相談に乗らせて頂きます。金額や職務内容などを比較しながら、ご要望に沿ったことが出来るか相談しましょう!


Q.他の専門を紹介するときに紹介料は必要なの?
→A.いいえ。司法書士は公益性が強く要求される職業なので、紹介料を受け取ることは禁止されています。また、紹介料を支払うことも禁止されています。
 これは、いずれにしてもその紹介料の捻出元は依頼者様になり、依頼者様の不利益になるからです。


.Q.対応エリアは?
→A.全国です。遠方の方に関しては直接お会いしなくて済む業務は、Eメールおよび電話だけでも行います。
 また、高崎市、前橋市、伊勢崎市、太田市、藤岡市、富岡市、渋川市、沼田市や吾妻郡などの群馬県内はもちろん、埼玉県の本庄市や上里町などの近隣地域は、職務内容や距離にもよりますが費用についても柔軟に出張対応したいと思います。もちろん、必要があれば全国どこでも出張します。


Q.担当する司法書士行政書士はどんな人物?
→A.出身・性格・特技について申し上げます。
 1、出身は吾妻の山奥です。冬は厳寒・夏は涼しく緑豊かな地で、浅間山を毎日見ながら育ちました。社会人になって以降、前橋市と高崎市を合わせて20年以上住んでおります。
 2、性格的なことは、「基本的には誠実・真面目だ」と言われるものの、お笑いなどが好きなのでトボけたようなことも多々あります。(もちろん、依頼者様に対しては、誠実でありますのでご安心ください。)
 3、特技は、昔から興味が強い(1)法律分野と(2)技術分野については得意なことがいくつかあります。
 (1)法律は、調べたり考えたりするのが好きなのでこのようにプロになりました。相続・登記・裁判・消費者・労働・その他関係する法律文書等は現在でも興味を持って見ています。
 (2)技術関係は、電子電気機器や機械が好きなので修理や工作整備などを自分で行います。病気等でお体不自由な方・ご高齢の方のお宅では「ついでの電球交換程度のこと」なら喜んでやりますので言ってくださいね。


群馬県高崎市や前橋市の司法書士へ相談や依頼

各種手続きのご依頼・相談や比較的近距離の出張ご訪問についても誠実・柔軟に対応致します。
相続全般、登記、裁判、消費者、労働者、告訴、成年後見などぜひご相談ください。